長年愛用してきたバイクを新しいものに変えようとするときに問題になってくるのが、今まで乗ってきたバイクの処理です。日本では中古のバイクはほとんど二束三文の価値しかないと考えられているので、買取をしてもらうことはほとんど不可能ですし、更にはバイクを廃車にする手続きも必要になってきます。

廃車の手続きはもちろん自分でやることもできますが、手続きはかなり面倒になります。また、代行してもらうこともできるのですが、この場合には手数料が必要になってくるので、バイクの処分はなかなか大変なものになってきてしまいます。

しかしながら、このようなバイクへの価値観は実は日本独特のものであって、外国(アジア地域)では必ずしも日本のような感じにはならないものです。バイクの価値の下落は外国ではそれ程大きなものではないことが多いので、そのような国に自分のバイクを売ることが出来れば、面倒な手続きや費用を必要とせずにバイクの処理を行うことも可能になってきます。更には、バイクを処分して得られた対価を新しいバイクを買う際の費用の足しにすることも可能になることも考えられます。

また、バイクの性能がいいのは日本では当たり前のことになっていますが、外国のバイクは日本製のものに比べて性能が劣る場合もあります。ですから、中古のバイクであっても、外国の人から見れば非常に高い価値を持つようになる場合も多くなってきます。日本的な視野でなく、グローバルな視野でバイクの価値を考えていくといいでしょう。

バイクの価値